2012年05月26日

肝炎救済法延長活動

 私たちが取り組んできた、薬害C型肝炎訴訟がきっかけとなって4年前に成立したのが薬害肝炎救済法です。フィブリノゲンやクリスマシンなどの特定の血液製剤でC型肝炎に感染した方に賠償金を給付するための法律です。

 この法律が来年期限を迎える予定です。5年間という期限付きで成立した期限が来年の1月に来るのです。

 現在、弁護団ではこの期限延長の活動をしています。

 自覚症状が乏しく病気自体に気づきにくかったり、長らく放置されていたためにカルテがなくなっていたり、カルテの調査が進まなかったり様々な理由で進まない被害回復。何とか延長を果たして、一人でも多くの方の提訴をお手伝いできればと思っています。

(波多江)
posted by あかつき法律事務所 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬害C型肝炎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56081998
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック