2014年05月27日

医療研勉強会 in 久留米

 先週、久留米で医療研の勉強会を行いました。

 医療問題研究会福岡県弁護団の医療相談窓口を、久留米にも設置したことは、既にお知らせしました

 あくまでも我々が感覚的に捉えていることであり、確たる数字の根拠があるわけではないのですが、筑後地域には、まだまだ医療相談の需要はあって、被害が埋もれているのではないか、と考えています。

 久留米での窓口設置は、そうした隠れた被害に光を当てたいとの思いからです。


 もちろん、窓口を設置するからには、担当する弁護士の側も医療問題の専門家として、技量を高めなければなりません。
 そこで、福岡部会の弁護士も一緒に、主に筑後の若手と、定期的に勉強会をすることにしたのです。


 今回は、受けた相談の報告と、若手の解決事例報告を行いました。

 守秘義務の関係から内容をここに書くことはできませんが、特に後者について、若手ならではのひたむきさと押しの強さで解決をつかみとった、というような事案でした。

 う〜ん、これ、今の自分だったらそもそも受任してないかもなあ。経験を積んで先が見えるようになると、効率的だし、それは決して悪いことではないのだけれど、ときに、そこからこぼれ落ちるものも確かにあります。

 これは決して我々が若手に教える、などというエラそうなことではなく、若手の活動から私も教えられるという双方向的な勉強会だな、今後もそうなるといいな、と思いながら、終了後の懇親会で久留米名物に舌鼓を打ち、帰路に着いた次第です。

↓ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

(石田)
posted by あかつき法律事務所 at 20:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 医療関係

2014年05月09日

医療研・筑後窓口開設&110番実施


 ものすご〜〜〜〜〜く、さぼってしまいました・・・。

 そして復帰第1弾が、他記事引用の告知文というのも情けない限りですが・・・。


 九州・山口医療問題研究会福岡県弁護団では、福岡市と北九州市に相談窓口を設けていましたが、今年度4月から、久留米市にも相談窓口を設けることになりました。

 http://blog.f-iryouken.org/article/96062044.html

 また、その開設記念として、5月17日に医療問題の電話110番も実施します。

 http://blog.f-iryouken.org/article/96062130.html


 筑後地方在住で、医療問題を抱えておられる方、どうぞお気軽にご相談ください。

↓ブログ村に参加しています。ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

(石田)

posted by あかつき法律事務所 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関係